ホーム‎ > ‎更新情報‎ > ‎

伊田篤史八段、NHK杯優勝

2015/03/15 1:43 に K 管理人 が投稿   [ 2015/03/15 1:53 に更新しました ]
伊田篤史八段一力遼七段による第62回NHK杯テレビ囲碁トーナメント決勝が3月15日(日)に放映され、次世代の日本碁界を背負う20歳伊田と17歳一力の二人による対局は、257手で黒番伊田の中押し勝ちとなり、伊田は20才11ヶ月の史上最年少でNHK杯優勝を果たした。
 伊田、一力は共に初出場で決勝に進出、第1回大会以来となる初出場同士の決勝戦となった。決勝進出を果たした2人は今年のテレビ囲碁アジア選手権で日本代表として共に戦う。
 また、今回、自身プロ入り初の棋戦優勝を果たした伊田は、現在第53期十段戦挑戦手合い高尾紳路天元・十段と戦っている。
Comments